虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは、お口の中に繁殖した細菌が出す酸によって歯が溶ける状態です。虫歯菌の酸に侵食された部分は、削って人工物で補修するしかありません。そのため、治療を繰り返していると歯を失うリスクが上がります。当院は地域の皆さんのお口の健康を守るために、予防の呼びかけを行いつつ、知識や技術の向上と設備の拡充に努めています。

虫歯の進行と症状

C1 エナメル質の虫歯

歯の表面を守っているエナメル質という部分が侵食された段階です。痛みなどの症状はないので、無麻酔で削って、白い樹脂を詰める治療を行います。

C2 象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある、象牙質という部分に虫歯の影響が及んでいます。冷たいものを口に入れるとしみることがあります。

C3 神経まで達した虫歯

虫歯が神経に達して激しい痛みが起こります。神経を残す歯髄保存を行う場合と、神経の除去と根管治療が必要な場合があります。

C4 歯根まで達した虫歯

歯の大部分が溶かされた状態で、抜歯に至るケースもあります。当院はできるだけ歯を残すことを優先します。

早い段階で治療をした方が、歯を残せる可能性が広がります。 【C1、C2】

詰め物にも様々な種類があります。様々な選択肢をご用意しておりますのでご相談ください。

大切な歯を残すための「歯髄保存治療」 【C3、C4】

神経を残して、将来の歯を守る

歯の神経周辺部は歯髄(しずい)とも言い、痛みやしみる感覚を伝える機能と、歯に栄養分を送る役割を持っています。虫歯が悪化して神経が炎症を起こすと激しい痛みがあるので、除去することもあります。神経を失った歯は栄養が供給されず、寿命が短くなりますから、当院はできるだけ神経を残す歯髄保存治療を行っています。

生活歯髄療法 覆髄・断髄(Vital Pulp Therapy)

生活歯髄療法 覆髄・断髄とは、歯髄保存と同じく、『歯髄(しずい)=歯の神経』にまで達する重度の虫歯であっても歯髄を取らずに保存する歯の治療です。詳しく紹介しておりますので、下記よりご確認ください。

神経まで達した虫歯について

虫歯が重症化して神経が侵食された場合、根管治療が必要です。根管とは歯の神経や血管をおおっている非常に細いパイプ状のものです。細菌に感染した組織が根管の中に残ると、治療がやり直しになりますし、抜歯のリスクも高まります。根管は細長いうえに曲がりくねっていたり、枝分かれしたりしているので治療は容易ではありませんが、当院はマイクロスコープなどを用いて精度の高い治療を行っています。

重度の虫歯の治療法の選択

このような状況の歯でも「ひと手間」かけることで自分の歯を残し長持ちさせることができる可能性があります。
ここまでひどくなった虫歯にどのような可能性があるでしょうか?

大切な歯を残すための「エクストルージョン(歯根挺出)」

抜歯を検討するような状況下でも歯を残すために、矯正の技術を使って歯肉の奥に残っている歯を引き出す方法です。被せ物で補う必要はありますが、天然歯をできるだけ残す手段として有効性があります。歯肉よりも歯を一定の量引き出せることや、残っている歯質の厚さも条件となるので、すべての症例に適用できるわけではありません。それでも、可能な限り歯を残したいと思う方はぜひ当院にご相談ください。

自分の歯を極力残したい「自家歯牙移植(じかしがいしょく)」

自家歯牙移植とは、お口の中で噛み合わせに寄与していない歯があった場合に、虫歯などで歯を失った部分に移植して機能を補う治療方法です。人工物であるインプラントとは異なり、歯根膜などの歯の周辺組織ごと移植するので、移植後に骨の形成を助けるメリットがあります。また、長期的に見て安定性が高いことや、天然歯と同じような噛み心地が得られることも大きな利点です。通常移植歯は親知らずを利用しますが、そのほかにも矯正治療で抜歯が必要な歯を移植歯として使うケースもあります。

実際の治療方法とその結果を見てみましょう。

虫歯の予防方法

定期的に歯科医院に通って検査やクリーニングを利用し、
ブラッシング指導を受けてセルフケアの質を上げれば、虫歯のリスクは大幅に減らすことが可能です。
また、虫歯ができたとしても定期検診に通っていれば、重症化する前に虫歯を発見できるため、
神経を抜いたり、抜歯したりするほど重症化せず、比較的簡単な治療で済みます。

PMTC

PMTCは歯科衛生士や歯科医師が、専用の機器を用いて行うお口の中のクリーニングです。日常のブラッシングでは落とせない歯垢や歯石を落とすことが可能ですし、歯面をキレイにするのでスッキリした感覚を味わうこともできます。虫歯や歯周病の予防に役立ちますので、ぜひ当院のPMTCをご利用ください。

TBI(ブラッシング指導)

歯科医院でのプロケアは日常落とせない汚れを除去しますが、毎日受けることはできませんから、日々のブラッシングスキルを上げることが重要です。当院では患者さんの磨き方のクセに合わせた指導を行い、虫歯や歯周病、口臭の予防に貢献します。

フッ素塗布

フッ素は歯の再石灰化を助け、表面のエナメル質を強くし、虫歯の原因となる細菌の働きを抑える作用があります。市販のフッ素を含む歯磨き剤と、歯科医院のフッ素塗布と併用することで虫歯予防の効果は上がります。

シーラント

奥歯などの歯ブラシが届きにくい場所は、歯垢がたまって虫歯になりやすい傾向があります。シーラントは医療用のプラスチックを歯に塗って、溝を埋めることで汚れをつきにくくして虫歯を予防する方法です。

虫歯治療の症例紹介

現在、該当の症例はございません。
TELACCESS PAGE TOP
予約優先制
ご予約・お問い合わせはこちら
0538371011