1.初診時


口腔写真やパノラマX線写真、
問題がある歯のX線写真などを印刷してお渡ししています。

初めての来院時に、

・どんな症状なのか
・どのような治療を行って欲しいのか
・どこまでの処置が必要なのか
・どのような施術が必要になるのか
・お口の中の全体の状態はどうか
・以前にご来院戴いた時からどのように状態が変化したか

などのトータルな観点で問診を行い、口腔内の写真やX線写真をパソコンのモニターに映し出しながら、丁寧に説明させて戴いております。また、歯科衛生士と歯科医師が連携してあなたの歯の悩みやご要望を詳しくお聞きし、その上でどのような施術が必要かを、当院の診療方針や施術内容、施術の具体的な方法などをを説明した上で、十分な時間をかけて話し合います。


治療内容や治療費などをわかりやすくご説明いたします。

2.ご要望に沿った施術方針、施術計画の決定

ヒアリングの内容を元に、まずご要望を確認させて戴きます。その後、お話し合いの内容と詳細な診査、診断を元に施術計画を立案します。その際に提示する治療計画書を基本にあなたのご要望に沿った最終的な治療計画をつくり上げます。

3.施術計画に基づく治療

施術計画に基づき、実際の施術を行っていきます。具体的な内容については、「当院の治療内容」「当院での診療事例」をご覧下さい。

4.アフターケア


歯のお手入れをご理解戴くための専用ルームです。

一度治療した歯を長持ちさせるために数ヶ月に一度、
定期的なメインテナンスをおすすめしています。

メインテナンス実習は、
・お手入れの仕方の練習
・クリーニング
・治療部分の経過のチェック
・その他お口の中に問題点がないか

などを行なっていきます。また、歯のお手入れを実習するための専用のお部屋を用意し、メインテナンスについてご理解戴くための体制も整えています。

<快適な生活を送るためにはしっかりと治療をした歯を長期的に、維持していく事が大切です。
それは、お口の中だけではなく、体や心の健康にも関係してくるものだと私たちは考えます。
アメリカの有名な先生がこんな事をおっしゃています。>

■Dr.ハロルド・ワースの言葉
口は人間にとってすばらしいものだ。
それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、また人間の美しさにとっても・・・
口・・・それは、今まさに私が生きていることを表している。
もし動物が歯を失ったとき、その動物の死を意味する。
歯を失ったとき彼らは生き続けることは不可能であり、その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく。
人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、しあわせ、よろこび、怒り、悲しみを表す。
口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、そうして人間は栄えていく。
だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、十分な注意と管理を受けるだけの価値をもっている。

 



Copyright 2005 Kitajima Dental Clinic All Right Reserve.