歯周病治療

 歯周病は歯を支えている骨が溶け、歯と歯茎の間のすき間(歯周ポケット)が深くなっていく病気です。歯周ポケットが深くなると歯周病の原因菌がポケットの深いところで繁殖し、取り除くことが困難になってきます。そのため、さらに悪化し、歯周病が進行していきます。
 歯周病は大人の約85%がかかっているといわれている病気です。この病気にかかってしまうと、歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そのうちぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。
  歯周病治療により、歯周ポケットを浅くし、細菌が入り込みにくくなる環境をつくっていきます。

歯周病の進行状態

歯周病の進行状況やお口の中の状態により、治療方法は異なってきます。

1) 軽度の歯周病の場合

軽度の歯周病の場合、歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。


2) 中程度の歯周病の場合

中程度の歯周病の場合、歯石の除去、ブラッシング、投薬などで治療が可能です。歯周病の進行状況によっては、外科的な処置等、積極的な治療が必要となる場合があります。

再来院時 歯肉が腫れた!レントゲンで歯周病の進行が認められた。

初診時

再来院時

再生療法後

3) 重度の歯周病の場合

外科的な処置など積極的な治療、又は、保存不可能と判断した場合は抜歯になる事もあります。


全体的に歯周病が進行し、歯を支えている骨が失われた為、ぐらぐらしてしまい歯が外へ押し出されてしまっています。

赤いラインが歯ぐきの位置で緑のラインが骨の位置です。
歯ぐきの位置から骨の位置までの幅を見ると深いポケットが予測されます。ポケットが深いと、細菌が深部まで侵入しブラッシングや歯石の除去などでは改善できません。
そのために深いポケットを除去し浅くする必要があります。

歯ぐきのラインと骨のラインを御覧下さい。
10mm近く深かったポケットが2mm程度になりました。この様に深いポケットがとり除かれると細菌は停滞しにくくなり歯周病の再発の可能性が低くなります。
その上でセラミッククラウンを装着すると弱い歯も安定し長くもつ事が期待できます。

4) 歯ぐきの再生


歯周形成外科により、歯ぐきの再生も可能です。

過度のブラッシング圧や夜間の歯ぎしりにより歯肉退縮が著しく認められます。
 
歯ぐきの再生を行い露出していた根面を覆うことができました。


Copyright 2005 Kitajima Dental Clinic All Right Reserve.