審美歯科

 話すときや笑うとき、食事をするときなど、様々な場面での「歯の美しさ」がその人の持っている印象を変えていきます。歯のきれいな人の笑顔って美しいと思いませんか?
  そんな「歯の美しさ」の側面からその人の年代にあった口元の健康と健康美を求めていくのが審美歯科治療です。

 審美歯科治療には大きく「審美修復」と「ホワイトニング」、「審美的歯周形成」があります。

審美修復とは・・・


変色した前歯や奥歯の詰め物の金属を自然な歯の色に近いセラミックなどを使用することにより、自然な歯と同じような美しさを取り戻すのが「審美修復」です。 治療する箇所や歯の状態によって様々な処置が取られますが、代表的なものは以下のとおりです。

1.セラミックインレー




虫歯により穴が開いてしまっている治療例

インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。

2.セラミッククラウンブリッジ




虫歯の進行具合によっては冠やブリッジによる治療となります。セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができます。

3.ラミネートベニア




前歯に冠がしてある症例



冠をはずしてみました。
歯と歯の間のすき間が気になります。


このようなすき間ができてしまっている歯や、歯の色がくすんでいたり、事故などによって歯の一部が欠けているなどの悩みには、セラミックの薄片を貼り合わせる治療を行うことで解決します。天然の歯の形、健康的な色つやに再現します。

ホワイトニングとは・・・


 黄ばんだ歯やヤニ等で変色した歯を削らずに、漂白することで白くする方法がホワイトニングです。ブリーチングとも呼ばれます。
  使用する漂白ジェルは過酸化尿素と過酸化水素が主成分です。適正な使用ものとでは歯や人体に悪影響はありません。(人によっては知覚過敏がでることがありますがすぐにおさまります。)
  目的や予算によって方法が異なりますので、詳しくはお問合せください。

神経をとったことにより歯の色の変色がおこっています。
 
歯の神経が通っていた管に漂白ジェルを注入し、歯の変色が改善されました。

審美的歯周形成


 修復やホワイトニングと並行して、歯ぐきの形態を整える「歯周形成」を行なうことにより、歯の長さを一定にし、より魅力的な笑顔を作ります。

歯の長さが一定ではなく、魅力的な口元ではありません。
 
歯の長さが一定になり、キレイな口元を得る事ができました。

背丈の短い歯に無理やりかぶせているので、歯肉が炎症を起こしています。
 
歯肉の炎症も治まり引き締まった正常な歯肉です。

冠の色調が不揃いで見た目が悪く、歯の長さも左右非対称です。
 
歯の長さを揃え、セラミックをかぶせることにより、透明感のある自然な仕上がりになりました。

右に比べ、左の歯茎が痩せて上にあがっています。そのため、見えている歯の形が左右非対称になり、見栄えがよくありません。虫歯があり、歯の根が黒くなっています。
 
歯茎の再生によって歯茎の高さが元通りになり、歯の形は健康的で自然な形に見えるようになりました。虫歯がなくなり、黒く見えるものはありません。左の犬歯はインプラントですが、それとはわからないほど自然な感じで仕上がりました。

歯に被せてあった白いセラミックのカバーが欠けてしまった事がきっかけで来院されました。歯茎が上がっているため、歯が細長く見えて自然感がない状態でした。
 
欠けた歯の治療と歯茎の再生を行い、歯茎の高さが元に戻り、見た目も自然で適正な大きさの歯になりました。

歯の大きさや歯の位置が左右非対称であるため、歯茎の形も左右不揃いになり、不自然な外観です。また歯と歯の隙間を埋めるため、小さな補助歯を付けてあり、いっそう審美的に問題のある外観となっています。
 
歯茎の高さをコントロールし、歯の大きさを調整した結果、前歯に1本インプラントが入っているにもかかわらず、どこがインプラントかわからないくらい自然な仕上がりで、魅力的な口元となりました。

笑うと歯茎が見え、その不揃いな形が問題でありました。奥歯には銀歯が入っていて、笑うと黒く不自然な見た目となっていました。
 
以前よりも若々しく自然で美しい笑顔になりました。アンチエイジング効果と言えるかもしれません。

矢印の所に膿がたまって黒くなっています。
 
矢印の所の膿と炎症を取り除き、その結果、レントゲン上で黒い影がなくなっています。


Copyright 2005 Kitajima Dental Clinic All Right Reserve.